デジタルデータソリューションの経営管理部の仕事

経営管理部は、事業計画の策定や市場調査など会社の裏側で攻めの動きをとりながら、インフラ整備や制度設計なども行い、社員がよりお客様への価値創造と価値提供に集中できる環境を創り上げ、「間接的に利益を最大化する」ことをミッションとした部署です。
経営管理部には、経理、総務、人事などの機能があり、それぞれの役割責任を果たしながら、当社の経営の基盤を縁の下で支える仕事を行っています。

仕事の面白み

経営陣と直接やり取りしながら進める仕事が多く、会社の経営を身近に感じながら仕事ができる醍醐味があります。私達は、今はまだ小規模の企業ですが、今後、デジタルデータソリューションカンパニーとして、「世界No.1シェア」と「売上目標1,000億円」を目指していきます。そのビジョンを達成するための手段として、上場も具体的視野に入れており、国内や海外拠点の展開、他企業との業務提携、新規事業の立上げ、それに伴う人材の獲得など、ビジョンの実現に向けて企業が成長していくために必要な戦略を、裏で構築し戦術を組み立て実際に走らせ、経営を動かしていくという、ダイナミックな仕事が経営管理部にはあります。

入社後のキャリア

まずは経営管理部のそれぞれの部門のスタッフとして、実務を覚えてもらいます。社員にはある一定の役割責任を持ってもらい、その業務においては決まりきった定型業務を行うことだけを求めず、その業務の問題、課題を解決する企画の提案と実行までを担っていただきます。
企業の成長と共に、経営管理部としてやるべきことは、どんどん拡大していきますので、企業の成長にあわせた自分自身の成長が必須となります。担当業務において、企業の成長フェーズにあわせて出てくる問題、課題を自ら解決しにいき、その解決の経験を積むことで、単なる知識があるだけの人材ではなく、企業経営の実態に即した具体的問題解決ができる、真のスペシャリストになっていただくことが可能です。
また、その能力、適性を見て、担当部門スペシャリストとしてだけでなく、部門のマネージャーとして、人・モノ・カネ・情報のマネジメントも行っていただきます。

研修・教育体制

入社後は、まずは、座学にて、経営管理部の役割について学びます。また各部署の役割も学び、経営管理部が各部署とどのように関わりを持つのかを、理解します。
経営管理部の役割を学んだ後は、ホームページや社内資料にて、企業基本概要(設立、資本金、出資者、売上等)、事業内容、事業コンセプト、企業理念、経営理念、事業の強みなどを、学びます。
基本的な会社の情報を理解した後は、OJTで実務を学びます。OJTで間に合わない知識については、それぞれの実務に関係する課題図書の共有や、デロイトトーマツグループの外部研修にて労働基準法、経費削減、契約書の見方・作り方の基本、経理実務等々、それぞれの専門知識をテーマとしたセミナーに参加する等、自ら主体的に学ぶ環境を利用して、実務に活かしています。

週に1回、自分が読んだ本、ビジネス誌、ビジネスニュース、新聞などなどから得た気づきを、簡単なレポートとして提出することを推奨し、ビジネス感度をあげ、主体的に学ぶことを習慣化するような風土を作っています。 毎朝の朝礼の中でも、ちょっとした勉強会のような形で、都度、経営管理部のビジネスパーソンとして必要な知識の共有が行われます。税務知識、会計知識、労務知識、等の専門的な知識から、活躍しているビジネスパーソンの考え方、有名経営者が実際に話していたことの共有等の自己啓発につながる知識まで、幅広い知識を得る機会があります。

経営管理部は、会社の成長と共に、新しい業務を常に覚えていかなければいけない部となりますので、実務をこなしながら、ミッションをこなすために足りない知識を、主体的に補っていく姿勢が特に求められます。 会社の全体を裏で支えていく部門になりますので、会社全体の問題、課題を注視しながら、その問題、課題を一つずつ解決し、お客様接点を持つ現場が、お客様によりよいサービスを提供できる体制を構築していく実績が、何よりの成長につながります。

求める人物像

経営管理部の業務は多岐にわたるため、あらゆることに好奇心を持って取り組める人材を求めています。また、経営管理部の仕事は、アウトソーシングできる仕事がたくさんあるために、自分で価値ある仕事を創り出していかない限り、社内失業してしまいます。そのため、単純なルーチンワークを行うのではなく、自ら会社の問題、課題を見つけ、その解決のために何をしたら良いかを考え、主体的に取り組むことができる人物が必要となります。表に立つ機会はあまりありませんが、よりお客様に価値提供ができる体制を創り上げていくために、裏で何ができるかを考え、実際に行動できる方と一緒に、会社を成長させていきたいと思います。

募集要項ページ