デジタルデータソリューションのセールスの仕事

デジタルデータソリューションのセールスの仕事は、100%反響営業で、テレアポや飛び込み営業は一切無い仕事です。
「大切な顧客リスト」や「長年の研究成果をまとめた資料」などのデータが壊れた法人のお客様。「産まれた時から撮りだめたお子様の写真」「旅行先での貴重な映像」などのデータが壊れた個人のお客様。が、本当に困って当社にお問合せをして下さいます。
その困っているお客様から丁寧にヒヤリングをし、お客様の問題を正確に把握し、その問題を解決するための提案をしていただく仕事になります。

仕事の面白み

100%反響営業で、お客様が本当に困ってお問合せして下さる方々なので、自らがお客様の問題解決を行っている実感を得られる仕事です。対応件数は1日10件程度。全てが交渉営業となり、経験を積むごとに基本的な営業スキルはもちろん、お客様への問題解決スキルが磨かれ、自身が、よりお客様のお役に立てるようになっていく成長を実感できます。数あるデータ復旧会社の中でも、私たちでなければデータ復旧できない特別な技術を持っているので、自信を持ってサービスをお客様にお勧めでき、私たちにしかできない問題解決の提案ができるところは、営業冥利に尽きることでしょう。

入社後のキャリア

まずは、「アドバイザー」として、お問合せいただいたお客様のご状況を、電話にてお伺いします。対象機器のメーカーや型番、現在の症状等を把握し、これまで10万件以上ある私たちの復旧事例と照らし合わせ、考えられる症状や復旧の可能性、概算の復旧期間、費用等をお客様にご説明し、私たちの会社とサービスのご案内をしていただきます。ご説明していただいた内容にご納得いただき、「無料診断」の予約をお取りいたします。

「アドバイザー」としての実績を積みながら、個々の適正を見て「アドバイザー」として継続するか、「カウンセリング」グループへ配属かを決定します。「カウンセリング」は、更にデータ復旧に関する知識を更に深く蓄え、エンジニアが行った「無料診断」の内容を元に、お客様に診断結果、復旧工程、復旧期間などをご説明し、正式なお見積りをご提示する仕事となります。お客様のご要望をしっかりとキャッチアップし、お客様の真の問題を解決する提案を行うことが重要になる仕事です。
「アドバイザー」「カウンセリング」で実績を積んだ後は、それぞれのグループのチームリーダー、そしてグループの責任者、いずれは営業全体の責任者というキャリアが、その立場で実績をあげる毎に、見えてくることでしょう。

入社後の教育

まず座学を2日間程、社内にて行います。 まずは、私たちの組織の説明、セールスチームのミッション、役割を理解してもらいます。その後、私たちのホームページを見ながら、会社概要、会社の強み、会社の実績、公表している主な数字、受付から修理を行うまでのフローなどを学びます。

会社のことを一通り、理解してもらった後は、データ復旧にお問合せが来る事例について学びます。ハードディスク、SSD、ビデオカメラ、SDカード、USB、大型サーバなど、どのようなデータが、どのように壊れることが多いのか、壊れ方の特徴や、事例を学びます。
これで、1日目の研修が終わります。

2日目は主に実務の研修になります。セールスチームとしての電話の利用方法、顧客管理システムの利用方法、社内の共有ルール、受付電話の取り方等について業務マニュアルを見ながら、覚えていきます。
座学研修終了後は、受付電話の取り方について練習を繰り返し、受付電話が取れるようになったら、お客様に対するトークを、テキストの読み込みをしながら練習していただきます。練習をして、教育責任者に対してトークのロープレを行いOKがもらえたら、実際のお客様の対応をしてもらいます。OKがもらえるまでの期間は、人によって差がありますが、おおよそ、入社して1週間くらいで、お客様の対応ができるようになります。まずは個人のお客様を対応し、法人のお客様は先輩社員に任せます。

その後、お客様対応をしながら、復旧研修を都度行います。復旧研修とは、実際にエンジニアの復旧作業を見て、どのように復旧しているのかを理解する研修で、2~3ヵ月をかけて、色々な症状別に復旧作業を見て理解します。
その後、個人のお客様に対し実績を残せたら、法人のお客様についてもお任せしていきます。法人のお客様をお任せする時は、法人によくある壊れ方の事例の共有を事前に行い、対応してもらうようにします。

募集要項ページ