Digital Data Forensic

デジタルフォレンジックとは、犯罪捜査や法的紛争などで、コンピュータなどの電子機器に残る記録を収集・分析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術の総称です。“forensics”には「法医学」「科学捜査」「鑑識」といった意味があり、分かりやすく意訳すれば「デジタル鑑識」になります。

  • 1

    証拠データの保全・抽出

    対象となるのは、パソコンやサーバ、ネットワーク機器、携帯電話、情報家電など、デジタルデータを扱う機器全般です。事件の関係先の機器を押収して記憶装置から証拠となるデータを抽出したり、サーバや通信機器などに蓄積された通信記録から違法行為の証拠となる活動記録を割り出します。また、破壊・消去された記憶装置を復元して証拠となるデータを割り出すことをします。 コピーや消去、改ざんが容易であるというデジタルデータの性質に対応して、データが捏造されたものかどうかを検証する技術や、記録の段階でデータが改ざんできないよう工夫したり、ハッシュ値やデジタル署名などで同一性を保全する技術なども含まれます。

  • 2

    犯罪における捜査手法として

    不正アクセスや機密情報漏洩など、コンピュータや通信ネットワークに直接関係する犯罪における捜査手法として注目されましたが、社会へのITの普及・浸透に伴って、一般の刑事事件などでも捜査や立証に活用されるようになってきています。
    フォレンジックサービスは、企業の横領事件などから個人の浮気調査まで、様々なケースに携わり、解決への手かがりを提供します。また、今後は事件が起きる前の対策として監視デバイスの開発にも取り組んでおります。

  • 3

    事件解決のために

    フォレンジックサービスは深刻な事件に関わることも少なくありません。そして仕事の内容も、調査・分析をし、犯罪を立証していくための証拠を集めるという非常にシビアなものです。お客様が喜ぶ顔を見ることがゴールでない、事件を解決することがゴールであり、そのためにソリューションを提供するサービスとなります。
    どのような仕事でも必要とはなりますが、より、責任感と最後までやり抜く力が求められていきます。
    また、デジタルデータソリューションの復旧技術をベースに立ち上げた新規サービスであるため、一緒にサービスを築いていくフェーズとなります。

社員インタビュー
DDF事業部

  • 新卒採用

    これからのDDSを創っていく、
    未来の中核メンバーとして

  • 中途採用

    その経験を活かして、
    世界で一番お客様を助けられる企業へ