会社風土について

私たちは、20代の若手が中心となって、世界NO.1のデジタルデータの問題解決会社を目指しているベンチャー企業です。

そのような私たちが、ご来社された方からよく言われるのが「活気がある」という言葉です。「1秒でも早く、1つでも多くのデータを最も安全に復旧する」という事業コンセプトの実現のために、従業員全員が“少しでも早く”とお客様のために仕事に向かっている様子が「活気」を感じさせるのかもしれません。

また、お客様の大切なデータを預かり、治すというビジネスの特性上か、真面目な人材が多いのも特徴です。業務時間中は、ムダを極力削減し、お客様のお困りごとを解決するために集中して働きます。メリハリと成果を大切にし、ダラダラ意味もなく長時間仕事をすることは良しとしません。働いた時間ではなく、どんな成果、価値を創出したのかを重視しています。

やる気と能力のある人材に対して、積極的に学習する場や、責任ある仕事を与えます。仕事で成果を出し、今後もっとこういうふうにしていきたいので、こんなチャンスが欲しいと経営陣に直談判してチャンスをつかんだ人材もたくさんいます。待ちではなく、主体的に動ける人材が、どんどんチャンスをつかむことができる会社です。

社員の声

営業職から一転し、技術職になろうと入社しました。それから5年、日々世界トップレベルの技術を取得し続けています。難題な案件をすぐに任され戸惑いもありましたが、取得したばかりのスキルをすぐに実践することにより、少し高い壁も乗り超えていける力が培えました。今振り返ると、そのおかげで大幅に成長することができたのだと思います。