Interview

社員インタビュー

DDF事業部 DDF事業部 エンジニア (関西大学)

藤田 亮(2018年卒)

多くのお客様を助けるために必要な「効率化」

  • 入社のきっかけは「社長の魅力」

    情熱フェスタ採用イベントでDDFの担当者に声をかけてもらい、この会社のことを知りました。その中で一番印象に残ったのが、社長の言葉です。他社は新卒が欲しいということもあり、給料をメインで話してきます。ですが、社長は給料ではなく仕事内容やお客様を助けるために仕事をしているという熱い思いを語っていて、将来的なビジョンがしっかりしているところに惹かれました。こんなに魅力的な社長がいる会社なら、頑張ることができると感じています。

  • 仕事で大事なのはいい意味での「効率化」

    今、仕事はフォレンジック調査をメインに行なっています。フォレンジック事業部では、ハッキングや横領など、取り扱う内容が多岐に渡り、お客様が抱えている問題も様々です。
    データ復旧の作業だけでなく、調査内容をレポートにまとめ上げることもあります。ご依頼のボリュームに応じて1件あたりの調査時間もバラバラです。
    業務を行う上で大切にしていることは、1件1件の調査に対して「最も重要なポイントは何か?」を考え、効率よく進めていくことです。丁寧に素早くというのが、今の課題でもあります。

  • DDSでの目標は「自立」

    フォレンジックの仕事は一人で行なう範囲がとても広いのが特徴。まだまだ知らないことも多く、できないことも多くありますが、初めからこの部署に配属されたのではなく社内研修で一通りの部署を経験できたのが、今の私にとっては大きな財産です。
    日々プレッシャーの中で仕事をしているので辛く感じることもありますが、それと同時に毎日成長できている自分を感じることができ達成感もあります。今は助けられながら、何とか仕事をしているところですが、今後は誰かを助けられる人になりたいです。
    新卒採用が始まったのは17年からで、これからも新卒入社の後輩がたくさん入ってきます。彼らにとっていい先輩となれるよう、たくさんのことを吸収して自立した一人前のエンジニアになりたです。

2018年卒