Interview

社員インタビュー

フォレンジクス事業部 フォレンジクス事業部

セールスグループ

岸 洋佑(中途入社)

「困ってる人を助けられる」課題解決型のセールスとして。

  • 入社の決め手は理念への共感

    前職は車のディーラーとして営業を行っていました。外回りが常で、体力的な面や今後のキャリアを考えてインサイドセールスに興味を持ちました。DDSに出会ったのはちょうどそんなとき。インサイドセールスとして業務を行えるのはもちろんですが、入社の決め手は、代表熊谷の理念に共感したことでした。「困った人を助けるためのサービスを提供する」「お客様のためにデータトラブルの解決を徹底的にやる」そういった理念が最上位概念としてあることや、会社としての事業の方向性にも共感できました。

  • DDSの魅力

    今、私はフォレンジクス事業部のセールスグループに所属しています。具体的には、サイバー攻撃や社員の不正行為などでお困りのお客様からお問い合わせをいただいた際に、その問題を解決するための調査の提案をしています。この仕事の面白さは、無形商材を扱っているというところですかね。お客様のお話に対してしっかりと耳を傾け、自分のアイディアで提案することができるので。同じフロアにエンジニアがいるので、疑問点があってもすぐに聞くことができるのも大きいです。
    つい先日は、エンジニアと一緒に現地まで駆けつけて提案してきました。代表の熊谷と一緒に提案先を訪れたこともあります。なかなかない経験ですよね(笑)トップやエンジニアとの距離が近いことも、DDSの魅力だと思います。

  • 営業としてお互い切磋琢磨できる人と働きたい

    私は、これからさらに課題解決のための営業として力を伸ばしていきたいと考えています。とにかく営業の道を極めたいですね。DDSは、デジタルデータのトータルソリューションを提供しているので、事業部をまたいでセールス同士協力して仕事をすることもあります。その中で、他の事業部のセールスからアドバイスをもらえるととてもいい刺激になります。
    今後も、営業としてお互い切磋琢磨できる人と一緒に働けたらいいなと思います。あとは物怖じしない人。例えば法人のお客様の大規模調査案件だと、報告会で大人数を前に説明を行うこともあり、自分の力が試されます。ただ、私自身業界未経験でDDSに入社したので、現時点での知識は関係ないです。未経験者でも活躍できます。

中途入社