Interview

社員インタビュー

DDR事業部 カウンセリンググループ(成城大学)

宮原 拓也(2017年卒)

アドバイザーでDDSの理念を学ぶ

  • 理念が最も醸成されるアドバイザー

    新卒入社後、2年間はアドバイザー業務を行っていました。新卒採用は僕らが一期生だったので同期もも少なく、当時は人手も今より少なかったので新人と言えど法人のお客様や前例の少ない機器もガンガン対応していました。

    今はカウンセリングとして、機器をお預かりしたお客様にご依頼をいただくための対応を行っています。

    アドバイザースタートで経験を積んだ後に、カウンセリングに移るのが基本的なえいぎょうとしてのキャリアステップです。それは、お客様のお困り事を解決するんだっていう理念が最も醸成されるのが、アドバイザーだからだと思います。

  • アドバイザーで「専門家」に

    お客様の困っている内容を、アドバイザーが一番最初に時間をかけてヒアリングします。それからカウンセリングでお見積りをお出しするのですが、お金が絡むので、どうしても「足元を見られてるんじゃないか」という不安を生じかねません。だからこそ、アドバイザーでしっかり経験を積んでからカウンセリング業務に当たることで、信頼していただきご納得していただいた上でサービスを提供するという、より理念に沿った営業ができるようになるんです。

    アドバイザーで経験を積むことは、知識の習得にも必須だと思います。電話での対応なので、お客様のん機器の状態をヒアリングして、さらにその症状をご説明してイメージしていただくには、本当に「専門家」にならなくてはいけません。カウンセリングに異動してすぐに難しい法人様のRAID案件を任せてもらっているのは、そういうキャリアがあるからなのかなと思っています。

  • 「助け合い」で成り立つビジネスモデル

    就職活動時は、人を助けたいという想いで会社選びをしました。周りの人もそういう想いで入社した人ばかりなので、お金儲けや出世がしたいという人はDDSにはあまり向かないと思います。DDSのビジネスモデルが、そもそもその想いを土台に成り立っているからです。

    具体的には「5工程」の話になります。マーケティングがお問い合わせを獲得して、アドバイザーがお電話でヒアリング、カウンセリングが成約。そしてエンジニアが復旧したものを、カスタマーサポートが納品する。この5つの工程が前から順にバケツリレーの形になっています。つまり自分個人の成績だけを考えていたら成り立たないビジネスモデルなんです。だから「全体最適」を考えられる人が活躍できると思っています。

2017年卒