Interview

社員インタビュー

リカバリー事業部 エンジニアグループ(九州大学大学院)

髙場 雄太郎 /2020年卒(新卒入社)

DDB(バックアップ)サービス開発

  • 事業部長とサービスを開発

    私が携わらせていただいているのは、法人向け DDBサービスの開発です。日常のエンジニア業務と並行して進めています。具体的には、事業部長が「こういうバックアップサービスを作りたい」と社外の方とやり取りされているところに、エンジニア代表として同席しサポートを行う役ですね。このように事業部長とサービス開発に携わることは新卒一年目ではありえないと思っていたので、任せて頂けた時は非常に嬉しかったですし、やってやるぞという気持ちになりました。

  • 新卒の意見を受け止めてくれる上司がいる

    今回のプロジェクトに参加させていただいている理由は、私が大学時代プログラミングを勉強していて、それを普段からアピールしていたからだと思います。 例えば、私がエンジニアグループに配属されてすぐ、グループ長に「新卒の目線でこそ見える部分があるから、見つけたことは全部言って欲しい」と言われました。そのとき、私の目線からは、エンジニアの作業効率のムラが目についたんです。そこで「RPA(ロボットによる作業の自動化)の導入で解決したい」と伝えました。一度、試しに簡単なものを作って提出したところ、そこからはもう一気に「これも自動化して欲しい」と色々任せてもらえるようになりました。この時のように、自分の目線で発信したことを任せていただけることは本当にやりがいがあります。

  • サービスは開発して終わりではない

    DDBサービス開発を着地させてからも、開発に携わった以上、その後の動向に関してもちろん無関係ではいられないと思っています。 開発して終わりではなく、サービスをより良くできる方法を常に探して、自分自身で更にアップデートしていきたいです。そのためには、エンジニアとしてのスキルアップも欠かせません。DDBサービス開発とDDRエンジニア、この2つの柱は持ったままで、 スキルアップやキャリアアップをしていきたいですし、それができる環境がDDSにはあると思います。これから入って来る新卒の方も、自分次第でいろいろなことに挑戦できると思います。社長をはじめ、新卒の意見を受信してくださる方がたくさんいらっしゃるので、どんどん自分の考えを発信していくのがいいと思います。

新卒入社