Interview

社員インタビュー

アドバイザーグループ

竹内 舞(2019年卒)

入社の決め手は「人」

  • お客様をお助けするために導く

    今の仕事は、お困りごとを抱えたお客様の問題解決をサポートすることだと思っています。簡単に言うとコールセンターと言われかねないのですが、ただの電話営業ではありません。お客様からお預かりするのは、お客様の大切な思い出であったり、会社経営を支える重要な情報資産です。たから、ただ「弊社に依頼してください」ではダメで、お客様をお助けするために導いてあげるような姿勢が必要だと感じています。

    とはいえ売上を立てる必要もあるので、目標数字があります。私は配属後初めて対応を行った月に達成できました。これは本当に周りの先輩方のサポートのお陰です。私の師匠である一年先輩の富永さんが「なんとしてでも達成させる」とおっしゃってくださって。ただ、その後2ヶ月は未達成が続きました。自分だけの力では何もできないんだなと実感しました。初月ぶりに達成できた時はとても嬉しかったです。

  • 就活生にも挨拶をしてくれる

    私は、銀座周辺で働きたいというのが第一にありました。ITには興味がありましたが、ベンチャーに関しては必須条件というほどではありませんでした。

    会社説明を受けに来た時の人事や社員の方々が、フランクでとても良い雰囲気だったので気に入りました。会社の中を案内していただいた時も、傍を通ると皆さんが挨拶をしてくださって。私の格好を見ればお客様ではなく就活生だとわかるのに、そういう人たちにもきちんと「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と言ってくれるのが印象的でした。

    感動じゃないですけど、楽しそうに働いているんだなと思いました。だから私も、オフィスに誰かしらがいらっしゃった時には、気持ちよく挨拶するように心がけています。

  • 会社の一番の魅力は「人」

    会社の一番の魅力は「人」だと思っています。アドバイザーは社内でも特に雰囲気が良いと思うのですが、個人の数字を追っていても、些細なことでも助け合う風土があるからだと思います。

    自分と同年代の人が多いので、最初はどうなのかなと思っていましたが、若いうちからこれだけ仕事を任せてくれる会社はなかなか無いと思います。社会人として凄く成長している実感がありますし、仕事がとっても楽しいです。

    最初は、カウンセリンググループに入りたいと思っていたのですが、今は声がかかったとしても行くかな、というくらいアドバイザーグループの業務が楽しいです。やっぱり周りの「人」が良いので。

2019年卒