About DDS

データに関するあらゆる問題を解決する

About DDS

About DDSデジタルデータの
トラブルバスターズ

 DDSは、デジタルデータに関わるあらゆる問題解決を行うためのサービスを提供している会社です。なかでもデータ復旧サービスに関しては、11年連続国内売上シェアトップクラスの実績を誇り、累計で18万件を超えるお問い合わせをいただいています。
 データ復旧に関しては、官公庁や上場企業から数多くの相談を受けています。RAIDやサーバー等に保管されている、「業務に必要な設計データ」や「長期保存が必要な会計データ」、「顧客とのやりとりのメールデータ」など様々なデータの復旧を行います。個人からの相談も数多くいただいており、パソコンやスマホの中から「お子様の成長記録のデータ」や「結婚式の記念写真」のデータ復旧依頼等も行います。

ハードディスクからSSDやメモリ、スマートフォンに至るまで幅広くデータ復旧を行う事ができます。

About DDSお客様に
喜ばれる仕事

 かけがえのないデータを復旧してご納品したお客様からは、日々感謝のメールや手紙が多く寄せられます。個人のお客様からは「どこに行っても復旧できなかったので本当に助かった」というような声が寄せられ、法人のお客様からは、数十億円単位のプロジェクトのデータ復旧の依頼を受け、「会社が救われた」と喜ばれることも多いです。
 また、2017年9月にサービスの提供を開始したフォレンジックサービスについても、月間で600件以上のお問い合わせをいただけるようになりました。

データ復旧をご依頼いただいたお客様から、日々感謝のお手紙をいただいております。お客様のお声は私たちの大きな励みです。

About DDSデジタル鑑識

 フォレンジックとは、デジタル鑑識のことで、犯罪捜査や法的係争などにおいて、パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器に残る記録を収集・解析し、そこから法的な証拠性を明らかにする調査手法です。デジタル機器から抽出したデータは、捜査や裁判において、個人的な判断や推測の余地がない決定的な事実(証拠)として使用されなければなりません。そのため、高度な技術や法的なノウハウを必要とする、「フォレンジック調査」が必要となります。
 フォレンジックがカバーする範囲は幅広く、個人のお客様だと、「浮気調査」や「デジタル遺品の調査」などのご依頼をいただきます。法人のお客様だと「退職者のPC調査」や「ハッキング・不正アクセス」などのご依頼をいただいています。

データフォレンジック(デジタル鑑識)の需要は年々増加しています。警察からの捜査協力も行っています。

警察からの捜査協力において感謝状を授与されました。

警察から感謝状を授与されました。